法人化

当社は医業経営に特化した会計事務所グループとして、医業税務に精通した専門家の立場から医療法人設立をサポートします。

医療法人設立のポイント

医療法人の設立にあたって下記の3点を重要なポイントとして据えられます。

  • 経営方針を明確にする
  • メリットがデメリットを上回るかどうか検討
  • スケジュールに合わせた正確な手続

平成19年4月の第5次医療法改正の施行により、新規に設立する医療法人の形態は「持分の定めのない社団医療法人」又は「財団医療法人」に限定されました。

新しい医療法人は設立してもメリットがないとの懸念が流布されていますが、医業税務に精通した専門家からみれば的確な判断ではないと言えます。なぜならば、新制度の医療法人を設立することで、節税効果・社会的信用の増大・新たな事業展開・事業承継など従来の持分あり医療法人以上のメリットが内包されています。最大のウイークポイントと考えられる残余財産帰属の問題は、医療法人の運営を計画的にマネジメントすることでプラスに転換できます。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。
皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、首都圏
首都圏以外は交通費を実費請求させていただきます。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

総合相談受付窓口

まずはお気軽にご相談ください。

0120-150-227(平日9:00~18:00)

メールでの受付はこちら